辞退


去年枕元にクリスマスプレゼントを発見した時の子どもの反応がすごくかわいかったので

今年は私の方がこの日をくるのをずっとワクワクして待っていました。

bi.jpg

が...

前日全くいい子ではなく、むしろ小事件が発生していたので

「そんなんじゃサンタさん来てくれないよ!」

「プレゼントもらえなくてもいいの?」と言うと

「うん。プレゼントはいらない(私は好き勝手します)」と言うじゃないですか。

(極寒のハウステンボスの反動か?)

えぇー!!!?プレゼントいらないのぉー??

普通は「イヤだ。サンタさんからプレゼントもらいたい」と言って

親の言うこと聞くもんじゃないんでしょうか?

「そんなこと言われたってこっちだって困るよ。

アンタが欲しいって言ってるもん買って来ちゃったじゃないの!」

と口からうっかり出そうになりましたが、グッと我慢。

その後、何度も「いらないの?今からいい子にすればいいのに」と聞いたけど

「うん。いらない。もらわなくていいよ。」

「・・・」

物欲がないのか、執着がないのか...諦め早過ぎでしょ!

おまけに、いつもムスメはほとんど出入りすることのない荷物部屋の奥の奥の奥の方から

プレゼントに使うための包装紙を

「ママー。なんかここにいいものあるよー。」と見つけ出してきた...

げー!!と心で叫び一瞬で取り上げたのですが、時既に遅し。

かといって、コレからまた違う包装紙を私1人で買い出しして包み直す程時間は皆無なので

取り急ぎそのまま。

結果

朝、枕元にプレゼントを発見→

しばらく固まる(何故自分がもらえるのか?あれほどいりませんと宣言したはずですが...)→

サンタはいい子にしてなくてもプレゼントくれるのか?→

そして、何故見たことある包装紙?→

いろいろ謎である。

混乱しながらもプレゼントの中身を見てとりあえず喜ぶ。

こんな感じでした。

本人がプレゼント辞退するなんて、私にとっては想定外。

こんな時どうするものなのか、さっぱり見当もつかなかったので

せっかく買ったんだからもらってよね!って感じで

ほぼ強引に枕元に置かれたプレゼントでしたけど

謎は残りつつも、とりあえず喜んでいるようなので、めでたしめでたし?!

【写真】いい子にしてないのに何故かもらえたプレゼントのビーズで遊ぶムスメ

ちなみに「いらない」は、怒っている口調でもなく、いじけている口調でもなく

ただ単に「私は言うこと聞きませんでした。ですからプレゼントは結構でございます」的な

ものでした...ものわかりがいいのか悪いのか...微妙です。
Category: 子育て

光の王国

クリスマスイブの前日、「1,000万球 東洋一から世界一へ」っていう

魅力的なキャッチフレーズと街中あちこちに貼ってある広告にひかれて

イルミネーションを見るという目的でハウステンボスに行ってきました。

私達にしては珍しく張り切って朝から順調に出かけたのはよかったものの

忘れていましたが、この日はクリスマス寒波到来中。

とにかく異常に寒い。朝から張り切ったの大失敗。

北海道の暮らしが長かった私もこの寒さには耐えられません。

しかも雪国と違うのが、建物に逃げ込んでも...寒い。寒い。寒いー。

3人とも寒さのあまり黙り込み

「イルミネーションもう見なくていいね?」「温泉入って早いとこ帰ろ!」

ってな具合にせっかく長崎まで来ていることさえ忘れ、全員テンションダウン。

本日のメインイベントであったはずの世界一のイルミネーションは

この寒さによって私達の中で一気に「どうでもいい」モノに変貌。

一体どのくらい寒かったかというと...

ウチのムスメの動きが鈍くなり、一言も口をきかなくなり

親の言うことを素直に聞くようになる...

そのくらい寒かった...。

houset-3.jpg

あぁ...人って過酷な環境になると人の言うこと素直に聞くようになるんだな...

そう思ったハウステンボスでした。

結局なんだかんだ弱音をはき続けたわりには、点灯まで粘りに粘り

「はい。みんな見た?見たね。」「キレイ?キレイだったね。」

「さ、かえろ。かえろ。見た見た。」こんな具合。

houset-2.jpg

今度は温かい日に出かけることにします。

houset-1.jpg
Category: 日々のコト

マタニティー+家族

この日は臨月を前日に控えたマタニティーフォト兼、家族写真の撮影を

させていただきました。

pika-7.jpg

ヘアーはパパ担当。メイクさんにも入っていただき、元の美しさを更に

引き出してもらっての撮影です。

pika-5.jpg

内面からも湧き出てくるような母の美しさっていいですね...。

マタニティーを撮影しているといつも優しい気持ちにさせられます。

そして、子どもが大きく成長してくるとつい忘れがちになってしまう

子育ての原点を忘れちゃいけないって...思い出させてくれます。

撮影お疲れさまでした。

安産をお祈りしております!!

pika-6.jpg


↑Baby!みんな楽しみに待ってますよ〜♪

【次回写真講座日程はコチラ】

http://623-mutsumi.blog.ocn.ne.jp/623diary/2012/12/2013_d107.html

ママのための一眼レフ写真講座(2013)

下記日程で一眼レフ初心者対象の写真講座を開催いたします。

Xmas.jpg

一眼レフを使ってはいるけど買ったままの状態でしか写したことがない...。

説明書を読んでみたことはあるけどイマイチ意味が分からない...

そんな方のための講座です。

上の写真の家族の顔つきリースはムスメが幼稚園で先生の

丁寧な手ほどきを受けながら作ってきました。

こんな制作物もいつまで原型をとどめているかわかりませんので

わが家では記録として写真に収めています。

写真に残してはおきたいけど、どんな場所を選んで撮ったらいいか分からない

という方も多いのではないでしょうか?

そんな方には光の選び方や絵や制作物をキレイに写せるコツなどもお伝え

したいと思っております。

ぜひこの機会にご参加お待ちしておりますー。

【日程】2013年 1月15日(火)、22日(火)、29日(火)

【時間】am10:30スタート

【場所】早良区藤崎Mutsumi自宅にて(詳細はお申し込みの方にお伝えいたします)

【受講料】 全3回 9,000円

【持ち物】お使いのカメラ、取り扱い説明書、今まで撮影して質問のある写真(プリントしたもの)

【お申し込み方法】 件名を「ママのための一眼レフ講座」として、

ママのお名前、お子様のお名前(月齢もあわせて)

当日連絡のつく電話番号メールアドレスをお書き添えの上

mutsumi*mutsumi-photo.com(*を@に変えて)メールをお送りください

* 講座は全てお子様連れでの受講可能です*

(尚託児はつきませんのでお子様の様子を見ながら受講していただく形となります)

七五三いろいろ(3)


ウチのムスメもそうだけど

普段すっかり忘れてしまっていることでも、写真を見ると

その時の、そのまわりのことが滲むように脳に蘇ってきて饒舌になる。

いろんな家族の中で、自分の写した写真達が

いつかそんなことのきっかけになったりしたらいいな...。

と思いながら撮影しています。

dazaifu-8.jpg

七五三いろいろ(2)

なんとなく思うことは

ただ単にイベント的なものとして七五三をとらえるということではなく

子ども達が大きくなった時にそっとひとりでこの写真を見ることがあるかもしれない。

その時に、自分は親や周りに愛されて育ってきたんだ...。

そう感じてもらえる空気を切り取れたらいいなぁって思ったりしています。

hakozaki-3.jpg
hakozaki-2.jpg
hakozaki-4.jpg

↑待ちきれなかった千歳飴。「みんなでたべよー」とお誘い。

着物がはだけてますけど気にしない。気にしない。

hakozaki-1.jpg

↑お父さんもお母さんも撮影に大忙しです。でも主役はやはり千歳飴にくぎ付け。

楽しい時間をありがとうございました!!

七五三いろいろ(1)

今年も沢山の七五三物語を撮影させていただきました。

撮影のご依頼をいただいた皆さま本当にありがとうございました。

それぞれの家族のそれぞれの七五三...とっても思い出深い1ヶ月でした。

遅ればせながら少しづつアップしていきたいと思います。

dazaifu-2.jpg

そして、この時期の神社事情にも詳しくなれるような気がしていますので

その辺も時間のある時にまとめてみようかな...と思ってマス。

dazaifu-3